■ごあいさつ

■物語

■キャスト

■過去の作品

公演チラシを見る

 

ごあいさつ

今年はマボロシの「ハポン劇場第一作『姥捨』の再演です。
役者3名ムシ4匹、知久寿焼(元たま)の音楽、美術家・岡部玄による8トンの流木で
会場全体を包み込んだ命の繭玉ドーム、映像作家・真月洋子の幻美画面。
「命はキレイ」、これが私の作・演出作品の原点。
『姥捨』はその「原点の作品」で初演時から世界中での公演を念頭につくられたものです。
で、今年はいよいよその第一歩として、ジャカルタ、バンドン、ジョクヨカルタ三都市公演を行います。
4,5月は町の『姥捨』、6月は山の『姥捨』、7月は海の向こうの『姥捨』、
三バージョンの『姥捨』に挑もうというのです。

まずは鶴舞高架下「ハポン劇場」8トンの流木ドームでお会いいたしましょう。

 

・・・・・・本当にスゴイ空間です。
・・・・・・ビックリしてください。
・・・・・・お待ちいたします。

 

 

ハポン劇場プロジェクト代表 原 智彦 (元スーパー一座座長)

 

Copyright (C) 2010 rie-y by ハポン劇場プロジェクト All Rights Reserved.
inserted by FC2 system